舞妓さんの巾着かご お好きな布地で特注オーダーメイド可

正絹総絞りの舞妓さんの巾着かご(日本製)
お好きな布地でお誂えさせていただきます。京都の舞妓さんがお座敷に行かれるとき抱えておられるかごです。尺籠とも花籠とも呼びます。(長さ33cm幅13cm高さ18cm)舞扇が入る長さになっています。実際に本物の舞妓さんが抱えておられる本物と全く同じものです。本体生地は正絹総絞りの帯揚げを贅沢に一籠に一枚使用しています。籠の内側は柔らかいポリエステルの裏地がついています。日本製の籠を使用しています。
巾着部分の太いくみひもは京都の正絹製です。巾着口元部分の細いくみひもは東レシルックの丈夫で切れにくいタイプを使用しています。
1949年に現在の形の元になる、このような寸法バランスが生まれました。巾着を絞った時にシルエットが美しく見える様な形でお作りしました。腕に乗せて抱えるようにお使いになりますと、はんなりとしてよりいっそう魅力が増します。全て京都で丁寧に仕上げました1点物でございます。成人式のお振袖のバッグ代わりにもお使いいただけます。宅配便にてお届け致します。
販売価格 34,000円(内税)
購入数


About the owner

堀切 延

ショップオーナーの堀切と申します。京都生まれ京都育ちで、一度京都を離れて住んでいましたので、なおさら京都の素晴らしさを再認識しました。西陣絣や友禅など伝統工芸の技を生かした新しいセンスの素材に惚れています。 デザイン専門学校卒業後、ファッションと雑貨のスタイリストをしていました。その後東京に転居し、キャサリンハムネット、イッセイミヤケ、アルティザン&アーティストなど、ファッションブランドの企画デザイナーを経験しました。その後京都に戻りデザイン業をしながら2012年まで、清水寺の近くで両親と和小物店をしていました。1949年頃に父が舞妓さんの為の和小物店をしており当時の袋物の製法を知りました。その古き良き時代の伝統技術を学び、またデザイナー時代には現代の機能性を考えた仕様の両方を学びました。そして、このたびオリジナルグッズの販売を開始いたしました。『和素材の味を生かし現代のライフスタイルに合うもの』 『はんなりした伝統的な京都の袋物』をオリジナルで製作しております。 また、京都の伝統工芸品の素材を使用したバッグや雑貨の商品企画と製作コラボレーションなどさせていただいております。 特注品、オーダーメイド、小ロットのOEM量産、ご贈答品のお誂えも承っております。お問い合わせページにてお気軽にご連絡くださいませ。

Top